• ホーム
  • 支部について
  • カンファレンス
  • 刊行・出版物
  • ブログ
  • 教育
  • 入会
  • 会員情報かんさい
ホーム
News and Announcements
アーカイブ:2012年

バイオマス共同事業研究会のご案内

バイオマス共同事業研究会(第19回セミナー)

協賛:NPO環境評価研究機構

 

(趣旨)バイオマス利用や再生可能エネルギー、環境技術の多くは実用化の段階にあります。今やバイオマス利用のエネルギー効率、コスト低減を含むヴィジョンが求められます。今回は幅広い専門家による自由な情報・意見交換とバイオマス利用の実用化・国際化の諸問題に焦点を当て多角的な討議を行います。

バイオマス共同事業研究会は非営利・任意団体として約10年活動を続けてきました。この分野で刻々と変化する国内と海外の状況に迅速に対応し、情報の交換と自由・闊達な意見交換、さらには共同事業の提案など多様な連携の場を提供したいと考えております。Think globally, act locally. がバイオマス事業の基本です。闊達なご意見・コメントを歓迎したくコーヒ・ブレイクおよび総合討論にも十分な時間をとりたく思います。

なお、会場には広報や資料用のデスクを設けておりますので配布資料など何でもご持参ください(30部程度)。どなたでもご参加ください。

 

申込先:研究会代表 法貴 誠 E-mail:mkhoki@gmail.com、携帯:090-9918-4989

 

プログラム

 

開催日時:2012年6月1日(金)13:30-17:00

場所:パレスサイドホテル(京都市上京区烏丸通下立売上ル、地下鉄烏丸線・丸太町駅から北へ3分、電話075-415-8887)

参加費・資料代(学生は無料): 3000円/1名

 

受付:13:00-13:30

ご挨拶(環境・バイオマス事業の今後):法貴 誠(三重大学名誉教授)

話題提供(13:30-16:00)司会:土井和之(内外エンジニアリング)

1. エネルギーのマネジメントシステム国際規格:奥山哲也(オフィス・オクヤマ 代表)

2. 環境・エネルギー外交の展望:島田久仁彦(株式会社KS International Strategies代表取締役 環境省 参与)

         コーヒー・ブレイクおよび名刺交換(14:30-15:00)

3.流動層ボイラーによる木質バイオマスの熱利用:伊藤徳夫(松阪木質バイオマス熱利用共同組合・工場長)

4.セルロース系原料からのエタノール生産:芋生憲司(東京大学教授)

総合討論(16:00-17:00)司会:法貴 誠

コメンテータ:池上 詢(京都大学名誉教授)、佐藤邦夫(三重大学教授)

  • ページの先頭へ戻る

第127回支部例会 学生プレゼンテーションの発表

受賞者の皆様,受賞おめでとうございます.

講演番号

氏名

所属

タイトル

A-03

伊藤彩菜

京都大学農学部

LEDによる光質がホウレンソウの

成長に与える影響

A-22

佐藤智亮

三重大学生物資源学部

機械適応性向上のための

キャベツ苗斉一化技術の開発

─発芽処理に関する基礎実験─

B-04

高垣茜

京都大学農学部

画像ナビゲーション手法研究のための小型自律移動車両の開発

B-18

岡村駿

三重大学生物資源学部

電動工具の急反動状態の

予測に関する研究

B-19

井上佑

三重大学生物資源学部

加速度センサを用いた農作業

基本動作認識システムの開発

C-03

篠原義昭

京都大学農学部

開放系ヘルムホルツ共鳴器を用いた

遊泳魚の体積計測

C-09

高尾美江

京都大学農学部

肉牛の血中ビタミンA 濃度と

瞳孔色における相関関係

C-18

鈴木哲仁

京都大学大学院農学研究科

金属製2次元周期構造による生体高分子の非標識検出のための基礎研究

  • ページの先頭へ戻る

関西支部報 第111号 発行しました.

関西支部報 第111号 発行しました.

  • ページの先頭へ戻る

「教育」コンテンツを更新しました

「教育」コンテンツを更新しました.会員の方のみアクセス可能です.

  • ページの先頭へ戻る

第126回 例会の開催案内を掲載しました

第126回 例会の開催案内を掲載しました.詳しくは,こちらをご覧ください.

  • ページの先頭へ戻る